2010年05月28日

無人島キャンプ


我が家では、男の子にはある通過儀礼を敢行することにしました。

この日記のタイトルである「無人島キャンプ」がそれ。

誰も人が住んでいない島に、一晩取り残され、釣った魚を食べて過ごす。

私たち釣人にとっては、瀬渡しで島に渡って瀬泊まりするのと大して変わらないから、なんら構えることではありません。

でも、幼稚園児の息子(タイチ)にとっては、かなり強烈な体験になるんじゃないかと思います。


この儀式は私の代から始まりますが、豊田一族の親から子へ脈々と引き継がれ、末代まで続くものと思っております(笑)

タイチはというと、この儀式をかなり楽しみにしている様子。

生後4ヶ月からテント泊を経験している余裕からか、単に儀式の内容がよく分かっていないだけなのか、至ってノー天気です。

「無人島ではうんちゃんはどうすればいいと?」とトイレの心配だけはしておりましたが(笑)


さて、今週末、私は大阪支社へ出張の予定だったのですが、急きょ中止となりました。

そのことを伝えると、タイチは、

「無人島キャンプ、今週行こう! 行こう!」と矢の催促。


本来なら準備万端整えて、徐々にテンションを上げた最高潮のタイミングで敢行したかったのですが、タイチの情熱に負けて、今週行っちゃうことに決めました。


昨日の朝、長崎県福島周辺の瀬渡しを行っている秀吉丸へ連絡。

ヘッポコ「ご無沙汰してま〜す。今度の土日、幼稚園児の息子を連れて島でキャンプしたいんですが」
船長「ああよかよ。来てみらんね」
ヘッポコ「テント張るにはどこがいいですかね」
船長「どこでもよかよ。タヌキがよかろうね。磯でもアジがよう食いよるよ」
ヘッポコ「タヌキ島ってテント張れましたっけ?」
船長「張れるバイ。タヌキでも鵜瀬でも張れるバイ」
ヘッポコく「回収便で渡りたいんですけど、大体(PM)1時と3時くらいですかね?」
船長「1時でも2時でも3時でも4時でもよかよ」
ヘッポコ「じゃあ帰りは……」
船長「何時でも向かえにきちゃる」
ヘッポコ「おお、了解しました」
船長「じゃあ、待っとるけん」

さすが豪傑船長、いつもの如くややこしいことは一切言わず、即OKでした♪


チョイ投げのキス(ジャンボ福島ギス)をメインに考えていましたが、アジが釣れるなら言うことありません。

晩ご飯は米と調味料だけを持参し、ほかは現地調達するルールでいきます。

タイチ、この過酷ルールに耐えられるかな?(笑)


posted by ヘッポコ豊田 at 17:29| Comment(12) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

干物サイズ130匹〜馬渡島アジ祭その3

1490047916_28.jpg

1490047916_99.jpg

なかなか鈎に乗らなくて苦戦したけど、
終わってみればどうにか130匹キープしていました。

ただ、良型が出なかったですね……。

見事に全部、干物サイズでした。


しかし、これで我が家の自給率はグーンとアップします♪

サバクノ タイヘン ダッタケド……


1490047916_88.jpg

朝ご飯、晩ご飯、つまみ、なんでもござれ。

脂がしっかり乗っている馬渡アジ干物、毎日食べ続けても飽きないんだよな〜、これが。


今、我が家の冷凍庫には、アジと渓流魚のストックがたっぷりです♪
posted by ヘッポコ豊田 at 19:49| Comment(6) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキだらけの海〜馬渡島アジ祭その2

明るいうちは、馬渡島漁港では奥まった場所でだけアジが釣れていました。

中波止突端に陣取った私の前にはアブッテカモばかりで、アジの気配がありません。

でも、ここは暗くなると2つのライトが海面を照らす一等地。


1488537267_200.jpg

案の定、暗くなってライトが灯った途端、光の中にものすごい数のアジが集まってきました。

ただし、鈎に掛かりません。

いつものアジ船頭ではほとんど乗らないから、競技ヴィトムの4号まで落とし、サシアミをつけてどうにかポツポツと拾いました。


そのうち、10匹以上のスズキがバシャバシャと集まってきました。

アジを取り込んでいると、5匹くらい束になって追いかけてきます。


おまえら、サメか〜!!(笑)

思わず、掛けたクロを襲ってくる大瀬戸のサメを思い出しましたね。


0号竿で釣っていることだし、心臓に悪いので、見せしめに1匹釣ることにしました。


が、アジの泳がせではまったく食いません。

追いかけてくるだけで、最終的にガブリとはいかないんですね、不思議なことに。


そこで、アジングタックルに持っていた中で一番太い2.5号のリーダーを結び、環付丸セイゴ16号にワームを刺します。

それにガン玉Bをちょいと噛みつけるインチキな仕掛けで第一投。


海面スレスレを引いてくると、ガバッと海面を割るスズキの顔が!!!

ドラグがジ〜〜〜〜ッ!!


あまりに簡単に食ったので、やり取りしながら笑いが出ます。


適合ルアーウエイトMAX5gのウルトラライトロッドだけに慎重にやり取りしましたが、ドラグを活用すれば難なく浮かせることができました。


しかし、問題は取り込み。

今回持参したタモ枠は36cm。
(真魚工房竹製タモ枠)

スズキの魚体に対して、あまりにアンバランスなタモ(笑)


高い足場から、顔を押し込むようにしてタモ入れするのは大変でしたよ(笑)


1488537267_92.jpg

どうにか取り込みに成功です。
posted by ヘッポコ豊田 at 19:13| Comment(10) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

渓流魚宴会♪

P1001573.jpg


最高でした。
川魚も旨いですね〜!

今晩の我が家の夕食は大盛り上がりでした。

みんなで12匹食べて腹パンパンです♪
posted by ヘッポコ豊田 at 22:05| Comment(4) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オキアミでヤマメ…実験報告!

201005221824000.jpg


たしかによく釣れましたよ〜。

尺超え交えて爆釣でした。

サシアミよりも、オキアミのほうが断然食いがよかったです。

マキエしながらやると威力絶大♪♪♪


熊本県阿蘇・木郷滝自然つりセンターにて。
posted by ヘッポコ豊田 at 18:34| Comment(10) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

チヌの部5位賞品〜馬渡島アジ祭その1

最終便で渡り、朝の一便で帰ってくる忙しいプランですが、
5月15日に馬渡島へ渡ってきました。

5〜7月はイカが禁猟となったため、
釣人の数はかなり減ったように思います。


201005202019000.jpg

定期船に持ち込んだ私の荷物。

このロッドケースはおニューです。


実をいうと、先日のCAST杯でチヌの部5位に入った藤井さんが、
なんとも太っ腹なことに、賞品を私にくれたのであります。


201005202021000.jpg

高額商品なだけに、ただありがとうございますと貰う気にもなれず、
お礼に完全無農薬玄米30kgでも藤井さんにお送りしようと思ったら……、


「うちは農家です」


チーン!
posted by ヘッポコ豊田 at 20:26| Comment(4) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先行逃げ切れず型(笑)〜2010春CAST杯参戦記その4

最初は絶好調で飛ばしていましたが、
後半、見事に失速した私……。


DSCF6365.jpg

逆に、怒涛の良型キープを見せたのは上田さん。

DSCF6338.jpg

やっぱ全国区のトーナメンターは違います。

AURA V-MAX、AURAPRO REXなどを駆使して、ここ徳山沖磯では貴重な30cmオーバーを続々と引きずり出してゆきます。


DSCF6343.jpg

数が出ず、苦戦していた藤井さんですが、
AURAライズ、AURA V-MAXなどと見事に使いこなして、
後半、着々と数を伸ばし、規定の7匹は優にクリアされていました。


チヌに関しては、上田さんが4匹、私が3匹釣っていたのですが、
藤井さんには当たりません。

チヌが釣りたい、釣りたいとぼやいていた藤井さんでしたが……、


DSCF6345.jpg

最後にピシャリと決めてくれました。


DSCF6349.jpg

これがなんと、3人で上げた8匹のチヌの中で一番の型。


かくて、一時は信じられない圧勝ムードだった私でしたが、
終わってみれば、クロも釣り負け、チヌも釣り負け、
文句なしのドンジリでしたとさ。

まあ、予想通りといえば予想通りでしたが。(笑)


DSCF6376.jpg

港に戻り、検量です。


DSCF6373.jpg

商品ドロボー……いや優勝候補筆頭の呼び声高い、AURAフィールドアドバイザーの和田さんです。
今年もしっかり釣って入賞されていました。さすがです。


さて、私たち3人はといえば、上田さんがクロの部7位、藤井さんがチヌの部5位、私がチヌの部6位に入賞しておりました。
(ミリ単位の世界にひしめきあっていたので、締めてキンキンに冷やさなければよかった……(笑))


チヌの部6位の賞品は、なんと、某メーカーのバッカン(爆)

バッカン屋が他社のバッカンをもらっちゃダメだろうということで、
辞退して抽選に提供させてもらいました。
posted by ヘッポコ豊田 at 20:09| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

形勢逆転の前に〜2010春CAST杯参戦記その3

前の日記の通り、驚くことに開始からずっと絶好調だった私ですが、それも終焉を迎えるときがきました。

ラスト2時間くらいで、上田さんの爆釣スイッチが入り、また藤井さんもクロ、チヌとも私より型のいいサイズを……。

詳しく書く時間がないから、今回はこの辺で手(パー)

短かっ!(笑)


いえいえ、決して負けっぷりを書きたくないわけじゃないですから♪

悔しくて筆が進まないわけじゃないですから♪♪


今は写真データが手元にないことだし、改めて書くことにしま〜す(笑)
posted by ヘッポコ豊田 at 11:45| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

クロ、チヌに効くマキエはこれだ!〜2010春CAST杯参戦記その2

スペアタイヤは偉大でした。
心配とは裏腹に、片道225kmの道のりを難なく走りましたよ。

念のため早めに出発していたので、受付の1時間前には現地に到着していました。

なにはともあれ、無事参加できてホッと胸をなでおろします♪


さて今回、コンビを組ませてもらったのは昨年のチヌの部優勝者ののびさんこと上田さん、私がよくお世話になる(お世話になったばかりの?)某ロードサービスに勤める藤井さんです。

くじの結果、私たちが降りたのは、徳山湾のさらに沖に浮かぶ野島の灯台下という磯。


DSCF6369.jpg

灯台は見えないけれど、どこかにあるのでしょう。


DSCF6368.jpg

周囲は沈み瀬だらけで全体に浅いけれど、魚影は濃そうなところです。


以前、カブラで1日に1000匹のメバル(20〜33cm)を釣ったという武勇伝を持つ杉田さんの事前情報では、野島は良型アジ入れ食いとのこと。

で、今の野島のアジは脂が乗ってメチャクチャ旨いとのこと。


ちなみに、今回の大会はクロの部とチヌの部で競われます。
上位入賞すれば、賞品はとにかく豪華です。

ただし、他魚の部もなければ、当然ながらアジの部もありません。

今回、アジ情報に心を揺さぶられまくりつつも、クロとチヌを釣って入賞するために気合を込めて選んだ集魚剤がこちら。


DSCF6335.jpg

あれ?

思いっきり、アジ情報に踊らされまくっているって???


いえいえ、なにをおっしゃいます!!

このアジジャンボがクロにもチヌにも効果絶大なのですよ。(笑)


現に、大苦戦する2人の名手を尻目に、キープサイズが連続ヒット。

あっという間に規定の7匹を揃え、次々に小型をライブウェルから押し出してゆきます。


もちろん、ウキもいいんでしょうね。


DSCF6354.jpg

今回使ったのは、AURA C-ラッシュの0号。

これを全遊動で使いました。

このウキは上部がカットされていて、風にも強いし、流れの中を張って流す釣りでも威力を発揮します。
それでいて、オーソドックスなドングリ型のウキのいいところも同時に兼ね備えています。

最近、このウキを使うことが多いのですが、本当に使い勝手がいいですね〜。


仕掛けを遠投し、手前にマキエ。

すかさずウキをマキエまで引っ張ってきます。

すると、マキエの沖から沈んだツケエとマキエがピッタンコになった頃に気持ちのいい当たりが連発しました。

タナは一ヒロ以内でした。


しばらくすると、さらに魚が浮いてきた予感。

そこで、ちょいと力技ですが、C-ラッシュ下部にAURAストッパーゴム(S)を挿し込んで固定すると、すぐに当たり。

今度はチヌでした。


徳山沖磯はチヌがクロより上のタナで食うってウワサは、本当でしたね。

私愛用の緑の鈎が、きれいにジゴクに掛かっていましたよ。

この鈎は、クロにもチヌにも効果てきめんなんです。



えっ、鈎はなにを使ったのかって?

そんなの決まっとるじゃないですか。

私が使う鈎といえば、「アジ船頭8号」ですよ。(爆)
posted by ヘッポコ豊田 at 19:46| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペアタイヤ激走450km〜2010春CAST杯参戦記その1

いやいや、今回は本当に参りましたよ。

出発前から大つまづきでした。

というのも、釣具を積み込んだ車を惣菜屋の駐車場に停め、しばらくして戻ったところ、タイヤに釘が刺さってパンクしてたんであります。

そんなことに気づかないまま、前向きに車止めピッタリまで停めていた車をバックさせようとすると、

バキバキ、ベキベキッ!

とすさまじい音がするではあ〜りませんか。

あろうことか、パンクで車体が下がり、パンバーが車止めに乗っかる状態になっていたのです。


右後輪パンク……

バンパー下部破損……


釣行直前になって突如、楽しみにしていた山口県徳山湾沖磯で行われるCAST杯への参加に黄信号が灯りました。


すぐJAFを呼び、待つ間にスペアタイヤに交換。
JAFにはバンパー下部の応急処置を頼みました。

バンパーはどうにかなりましたが、心配なのはタイヤのほう。

時間は21時前。
もうタイヤ屋は開いていません。

この期に及んで、キャンセルは切なすぎるバイ……。


AURAアドバイザーの海馬さん(シーホースガレージ)に電話して尋ねてみます。

「タイヤがパンクしてスペアタイヤをつけたんですけど、これで往復450km走れますかね?」

「うわ〜、多分大丈夫とは思うけど、もしダメやったとき『あのとき大丈夫って言ったやんか!』って言われたら困るけん、断言はしません(笑)」


海馬さんの微妙な言い回しにかなり迷いましたが、「スペアタイヤの空気圧だけは4.2kgきっちり入れとくように」という彼からのアドバイスを守り、安全運転で走ることにしました。
posted by ヘッポコ豊田 at 13:04| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

犬も歩けば食材に当たる!?

201005110004000.jpg

釣行前日の土曜日、1歳の娘が靴下を出したり、靴を掲げたり、出かけたいことを猛アピール。

その勢いに圧されて、掃除に忙しい嫁さんを置いて、息子と3人で散歩に出かけました。


歩き始めてすぐ、私の頭にひらめくものが。

空は快晴だし、ほどよく風はあるし、公園で弁当を食べたら最高だろうな〜。


息子が嫁さんに電話します。

「あのさ〜、弁当買って竹公園いくけん、水筒もってあとからきて!」


サ○ーで198円のおにぎり弁当、100円のサンドウィッチを買うと、竹公園へ。


息子「パパ〜、タケノコさがしにいこ〜」
私「もう時期が終わっと〜けんないっちゃない?」
息子「みてみらなわからんけん、みてみようよ〜」
私「じゃあ、見るだけ見てみるか」

そうしたところ、ニョキニョキと出てきているものが!!


201005110006000.jpg

そうか、今は破竹の季節だった!

破竹、個人的には一般的な孟宗竹のタケノコより美味いと思うんですよね〜。

息子がまた電話します。

「ママ〜、くるときクワも持ってきて〜」


201005110009000.jpg

なんだかんだで、十分な量が採れましたよ。


201005110011000.jpg

嫁さんが来てしばらくすると、3人で茂みのところで盛り上がっています。

なんだろうと思ったら、ノイチゴを採って食べていました。

息子と娘からノイチゴをもらって食べると、甘くて美味いのなんの!!!

春先に食べていたフユイチゴとは比較にならない甘さですね〜。


201005110013000.jpg

普通のイチゴはあまり食べない娘も、ノイチゴはバクバク食べていましたよ。


201005110016000.jpg

息子は大型のノイチゴをビニールに入れて、家に持って帰っていました。
几帳面な彼、洗って食べたかったようです。
帰ったらすぐ流しに立ってイチゴを洗い、みんなに振舞ってくれました♪


201005110015000.jpg

そうこうしていると、大量に落ちている梅の実が目に付きました。

これでテンションが上がりまくったのは嫁さん。

「ブランデー梅酒!」
「ブランデー梅酒!」

うわごとのようにつぶやいています。(笑)


201005110017000.jpg

ブランデー梅酒用の梅もたくさん収穫してきました。


かくて、ただの散歩の予定が、なんとも実り多いお出かけとなりましたとさ。
posted by ヘッポコ豊田 at 09:35| Comment(2) | 雑草採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ユキノシタのおひたし

連休最終日、釣りは諦めて、三瀬から脊振経由でドライブ。

さすがにマニアックな道だけあって、5日の夕方でも渋滞知らずでした。


今回のテーマは、来年のフキノトウ採取地の見定めです。

今、フキがたくさん出ていて、タンポポによく似たフキの花が咲いているところを把握しておけば、来年高確率でフキノトウを採取できるのです。


たくさん候補地を見つけましたが、一番は脊振山周辺。
あるわあるわ、膨大な数のフキがありましたよ〜。
来年は必ず捕獲します♪


金山山麓の林道周辺はワラビもたくさんありました。

あと、特に珍しいものではないけれど、数少ないおひたしで食べられる植物の一つ、ユキノシタの葉を採ってきました。


P1001514.jpg

こんな群生を見たら、どうしても採取本能がうずきます。


DSCF6331.jpg

持ち帰ったワラビとユキノシタ。


DSCF6334.jpg

帰ってすぐ作ったユキノシタのおひたし。
ユキノシタといえば天ぷらが一般的ですが、おひたしもなかなかイケます。
posted by ヘッポコ豊田 at 22:09| Comment(3) | 雑草採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカンポ採りの午後

DSCF6322.jpg

夕方、ちょっと時間を作って近所へスカンポ採りに。

我が家から車で15分走れば、油山山麓のこの場所へ来ることができます。

誰ですか、魚を釣りきらんから、最近山ばかりやな〜と言ってる人は!!!
(そ、その通りです……)


DSCF6310.jpg

軟らかくて大きな茎のスカンポは、日当たりのいいところに集中します。


DSCF6317.jpg

息子は皮を剥いて吸っています。

酸っぱいのですが、子供は平気みたい。


DSCF6323.jpg

現地で皮を剥ぎ、AURAアジブクバケツに入れて持ち帰りました♪
posted by ヘッポコ豊田 at 19:57| Comment(7) | 雑草採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

波津テトラ行ってきました

201005031001000.jpg


多くは語りません。
posted by ヘッポコ豊田 at 10:14| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

釣りを楽しみにしすぎて……

P1001495.jpg


あまりに久しぶりの釣り。

楽しみのあまり、風呂場でウキのテストをしたり、なんと簡単ながら弁当まで作っていました。



それなのに、

ああ、それなのに……



日曜はアラームが鳴らないよう設定していたことが、完璧に頭から抜けていましたね。


あろうことか、起きたのは予約していた一便の時刻。

絶望の淵から、謝りの電話を入れました。


こんなに落ち込んだのは久しぶりです。


_| ̄|〇




追伸)
弁当を入れているのは、もちろんクーラー内での浸水から弁当を守るAURAインナーケースで〜す♪

でも、まさかこれをクーラーにも入れず、家で食べようとは……。


__〇_ バタッ
posted by ヘッポコ豊田 at 11:17| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。