2010年09月26日

大量干物の保存方法

NEC_0103.jpg


ラップを折り返し、干物同士がくっつかないよう重ねて、30〜50匹単位で冷凍庫に入れます。

以前はタッパー使ったり、ビニール袋を使ったりしていましたが、かさばるし面倒だしで……。
posted by ヘッポコ豊田 at 10:11| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

本日の釣果

NEC_0101.jpg


また唐泊漁港にて。

一時間半ほどアジゴを釣りました。

自信満々で試作した針ハズシは……大失敗でした(涙)

土産はなんとか確保。

格闘技TV観戦のため急ぎ帰宅し、CMのたびに捌きました♪

明日も唐泊漁港へ行きます(笑)
posted by ヘッポコ豊田 at 22:23| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

AURA本社そばに人気ギョーザ店オープン!


中洲の人気ギョーザ店「宝雲亭」ののれん分け店が、AURA本社から歩いて3分ほどの場所にオープンしました。

NEC_0100.jpg

店主は底物釣師の中村中さん。

古い話ですが、栗之助の釣りランドによくゲスト出演されていたのを思い出します。

店の中には、巨大なイシダイの魚拓がドカーンと飾ってありますよ。


宝雲亭のギョーザは一口サイズで、ニンニクが入っていないのが特徴です。

あっさりしているから、目の前にあればいくらでも食べてしまう感じ。

おすすめですよ!


昨日はAURAの会議で大阪メンバーも集結していて、終わってから総勢8人で中村さんのお店へ。

美味かった〜!!


ちなみに、お店の場所は薬院六つ角と四つ角の中間点くらいです。
posted by ヘッポコ豊田 at 19:42| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

そうめんと動きの関係

DSCF6928.jpg

三瀬のお気に入りのキャンプ場では、地元の夏祭でそうめん流しが行われ、そのまま竹が川に設置されたままになります。

その竹を利用して、毎年そうめん流しを家族で楽しんでいます。


そうめんを流すのと流さないのとでは、どうしてこうも美味しさが違って感じられるんでしょう。

鍋から直接とって食べたら普通のそうめんの味なのに、流れてきたのをとって食べたらまったく別物の感動的な美味しさです。

私の中では、世界の七不思議の一つですね。


物は動かしたほうが美味しいなら、流しそば、流しうどん、流しラーメン、流しスパゲティーなどを模索してみても面白いかもしれませんね(笑)

流し麺専門店。

う〜ん、意外と繁盛するかも。

……ソンナコトハナイカ


あ、寿司に関しては、回っていないほうが美味しく感じますね(笑)





そうめん流しの動画はこちら。
PCからご覧ください。


追伸)

DSCF6938.jpg

ミスターマックスで買った風除け(本来は揚げ物の油飛散防止グッズかな?)。
細かい金額は忘れましたが、400円台だったと思います。

今回初めて使ったのですが、思った以上に重宝しました。
これがあるとないとでは、お湯が沸くスピードに大きな差が出ます。

三つ折になるから、持ち運びは意外にコンパクトです。
posted by ヘッポコ豊田 at 14:36| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

年中使えるVoltAgeアクアシューズ

アクアオレンジ.jpg

アクアホワイト.jpg

突然ですが、この夏新発売の超多機能シューズを紹介しますね。

アクアシューズというネーミングから夏場のみの使用を想像しがちと思いますが、なんのなんの、年間を通していろんな場面で活用できる可能性を秘めた商品です。

このシューズの一番の特徴は、格子状の外布の内側にネオプレーンが貼られていること。
それによって、

・ビーチや山道などでは砂や土が入りにくい
・フィット感が増す
・冷たい水に入っても温かい
・気温が低いときも保温性があり温かい

といった嬉しいメリットがあります。


水抜き穴.jpg

また、下部に水抜き穴があり、海や川から上がったときはそこから水が抜け、より快適に動けます。
で、陸上での使用の場合は、これが空気穴となり、通気性がよくムレにくいのです。

アクアシューズ背面.jpg

背面はこんな感じ。



ソール全体.jpg

ソールについては、試作段階で渓流に何度か履いて行ってテストをしました。

アクアシューズ屈曲.jpg

最初は硬いゴム素材を使っていて滑りやすかったんですが、何度か改良をして柔らかい素材に変更し、グリップ力がアップしましたよ。

とはいえ、もちろん本格的な磯釣りに履いていくのはNGです。
磯釣りにはM-3かVoltAge磯靴をよろしくお願いします♪


デザインについては、見ての通り、タウンユースでもまったく問題ないですよね。
AURAスタッフも毎日のように履いていて、一緒に食事したときなどは、どれが誰の靴か分からなくなるくらいです(笑)


というわけで、年間を通してガンガン活躍しそうなアクアシューズ。

個人的には、夏場よりも、涼しくなるこれからの季節の使用がオススメです!!


【アクアシューズDATA】
■規格:M(25〜25.5)、L(26〜26.5)・2L(27〜27.5)
カラー:WHITE、ORANGE/GREEN
本体価格(税別): 5,000円
posted by ヘッポコ豊田 at 12:11| Comment(6) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

サビキ三昧

私にとって、サビキ釣りは一石三鳥。

・家族で楽しめる
・美味しい食材を調達できる
・考案中の「片手ワンタッチ針ハズシ」の検証ができる

というわけで、先月から休みのたびに唐泊へ通い、サビキ釣りをしています。

アジゴの食いが一番立つのは日没前後なので、そこに狙いを定めて出撃。

ファミリーフィッシングは子供が飽きたら終わりなので、いかに短時間で数を伸ばすかが重要なテーマなんです。

昨日も日没と同時に入れ掛かりになり、短時間で釣果の山を築きましたよ。

現地で頭とワタをささっと落としておき、家に帰ったら開きます。


0910塩水漬け込み.jpg

開いたアジゴをクーラーの中で塩水に浸け込んだ状態。

今回はアンデス山脈の岩塩を使いました。
それに、雑菌対策に活性水をシュッ!
これでミネラルてんこ盛りです。

また、いつもは簡単にしか落としていない血合いを、今回は歯ブラシできれいに取り除きました。
我ながら、干物作りに関してはなぜこんなにマメなのか不思議です。


0910干し網.jpg

40分ほど浸けたら網に並べます。

で、一晩干したら出来上がりです♪


最近、我が家の自給率はかなり上がっておりますよん。


追伸)
昨日の針ハズシの試作は問題だらけでした。

でも、そのおかげで、さらなるグッドアイデアが天から降りてきました。

サビキ釣り界が震撼する、すごい商品ができそうな気がしますよ。
posted by ヘッポコ豊田 at 11:42| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

念願の干物

NEC_0080.jpg

土曜日は300匹の目標を掲げてアジゴ釣りに行ったものの、釣果は180匹。

釣り残した120匹を釣りに、翌日の夕方、家族でまた唐泊漁港へ。


最初はアジの姿がなく時間だけがすぎましたが、17時半くらいにやっと群れが来ました。

考案中の片手自動鈎外しを駆使し、鬼神のような手返し(笑)で、30分くらいで釣果の山ができました。

使ったマキエはアミ半角の半分(効率抜群!笑)。


何匹釣ったか分からないけど、もう120匹はいったろうとみんなで話して、残りのアミを撒いて片付けました。
(実際には83匹しかいなかったんですが……)

ささっと頭とワタを処理して帰宅。


01網の中.jpg

これで、一週間ぶり(短い?)の念願の干物作りができました♪


02一夜干.jpg

一夜干し完成。

今晩、飲み過ぎに注意しよう。
posted by ヘッポコ豊田 at 10:11| Comment(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

アジゴフルコース

昨日のアジゴ釣りは180匹の釣果でした。

アジゴ宴会が控えた釣りだったから、早めに切り上げなくてはならず……。


帰り道は渋滞していて、友人のT家に着いたのは20時前。

先に宴会を始めている女性陣はほとほと待ちくたびれた様子でした。

調理担当の私としては、なにか急ぎ料理を提供しないとまずい雰囲気。


そこで、まずはサビキに食ってきたクロを2匹、猛ダッシュで刺身に。


F1001628.jpg

これには子供たちが猛烈な勢いでかぶりつき、大人の口に入ったのはごくわずか。
釣ったこう君パパはなんと1切れもありつけず……。


続いて、アジ丼にチャレンジ。

刺身だけを出したらあっという間になくなって急かされるのが目に見えているから、丼でごまかす作戦。

これなら、ちょっとの刺身でも腹いっぱいになるからね♪


アジゴを三枚におろした時点で、こう君パパが先に骨せんべいを作ります。

これで時間を稼いでいる間に、アジ丼の完成です。


NEC_0076.jpg

ご飯の上にごまと醤油と和えたアジの刺身をどっさり。

さらにみょうが、大葉、ネギ、ノリをぶっかけて、わさびを落として完成。

釣りたてアジゴは旨かった〜〜〜!!


NEC_0078.jpg

最後のトドメにアジゴの唐揚げ。

相当な数のアジゴが、私たちの胃袋の中へ消えました。


かくて、一晩でアジゴを消費しすぎて干物分がなくなったから、また今日、アジゴ釣りに行ってきます(爆)
posted by ヘッポコ豊田 at 11:46| Comment(4) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。