2010年11月30日

収穫体験

釣友のシケ王子さんから、
「大根と春菊を収穫してみませんか〜」と嬉しいお誘い。

畑主の潮塗り大王さんは帰省されていましたが、主の居ぬ間に息子と2人でお邪魔させてもらいました。


DSCF7667.jpg

無農薬大根の収穫を担当したのは子供たち。
3人並んで引っこ抜きます。


DSCF7672.jpg

収穫した大根を持ってポーズ♪
みんな、いい経験をしているね〜。
大根を引っこ抜いた経験、考えてみたら、私はまだ一度もないかも……。


DSCF7678.jpg

あとで種類が違う煮物用の大根も抜いてみると……こんな変り種が(笑)


DSCF7679.jpg

収穫した大根の一部。


DSCF7686.jpg

続いて春菊も引っこ抜きます。
葉物野菜は特に、無農薬だとより安心して食べられるからありがたいですね。



DSCF7691.jpg

この日の夕食は、大根2本分とたっぷりの春菊を使って雪見鍋。
収穫体験が最高の調味料となってさらに味を引き立て、感動的な美味しさでした。


DSCF7696.jpg

普段は野菜をほとんど食べない息子も、今回はかなりの量食べていましたね♪


DSCF7697.jpg

畑のそばにはノビルもたくさんありました。
野菜と合わせて、こちらも採ってきましたよ♪


DSCF7706.jpg

翌日、仕事から戻ると、大根、春菊、ノビルの葉、カキの味噌仕立ての鍋ができていました。
2日連続の鍋、幸せです♪


改めて、シケ王子さん、畑主の潮塗り大王さんに大感謝!
posted by ヘッポコ豊田 at 09:22| Comment(0) | 自家栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

折れ折れ…

NEC_0242.jpg


カーブ方向の読みが見事に外れ、スパッとスコップを入れてしまいました。

山芋が折れたら気持ちも折れ、くたびれて帰宅。

洗ってたらまた折れた……。
posted by ヘッポコ豊田 at 17:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここ掘れワンワン

NEC_0231.jpg


椎茸を収穫したあと、息子と2人で山を散策していると、至るところにこの魅惑の葉っぱが♪

葉っぱが大きいと、地中の山芋も大きそうな気がするのは私だけでしょうか。

さて、スコップ持って、山に戻りましょうかね。
posted by ヘッポコ豊田 at 15:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

罪な料理

先日30cmを頭にアジを100匹ちょい釣った奈多漁港に、22日深夜、また行ってきました。

結果は、深夜0時前から4時すぎくらいまでの竿出しで、平均25cmのアジが63匹の釣果でした。

前回よりは少ないけれど、暴風吹き荒れる中での釣果としては、上出来すぎると思います。


さて、釣ってきたアジをどうやって食べるか。

二日前に手巻き寿司をしたばかりなので違う料理を考えていましたが、結局、息子のたっての希望でまた手巻き寿司となりました。


DSCF7651.jpg

今回は刺身を大根の剣、大葉、細かく切ったノビルの葉で盛りつけてみました。

相変わらず素人っぽい盛りつけですが、色が増えると少しごまかせるかな(笑)

大量にかけたノビルは採って来たばかり。
独特の強い香りが、アジの刺身との相性抜群!


しかし、手巻き寿司は美味すぎです。

我が家では年間に相当な数食べているのに、まったく飽きない美味しさがありますね。


息子なんか、おいしい、おいしいと夢中で食べるあまり、自分の指までパクリ。


DSCF7659.jpg

噛みついた指先には、痛々しいほどの歯型がついていましたよ。


食べるものをここまで狂わせるアジの手巻き寿司、罪な料理です(笑)
posted by ヘッポコ豊田 at 06:00| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹灯り

DSCF7603.jpg

21日の夜、佐賀県小城市で昨年から始まった「竹灯り」という祭りに行ってきました。


DSCF7609.jpg

以前、GT135さんがボーズ地獄脱出のため厳寒期に打たれた清水の滝周辺が、竹細工の中に仕込まれた7000本ものろうそくの灯りで飾られる幻想的なイベントです。


DSCF7618.jpg

ライトアップされた清水の滝。


感動的な景色の一部を、写真でご堪能ください。

DSCF7621.jpg

DSCF7631.jpg

DSCF7632.jpg
posted by ヘッポコ豊田 at 05:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

素人的盛りつけ

アジ大皿刺身.jpg

アジ4匹分の刺身を大皿に並べてみました。
それらしく盛りつけたつもりですが、やっぱり一目見てド素人ですね。

今後は盛りつけも研究テーマの一つです。


昨日はアジ大漁の報が同じビル内に流れ、お裾分けで大忙しとなりました。
アジは100匹を超えていましたが、釣場でピシャリ締めて血抜きをしてきました。
帰って全部ウロコを取り、エラとワタも取り、血合いも歯ブラシできれいに取った状態で11家族にプレゼントしましたよ。

美味しく食べてもらえたら幸せです。
posted by ヘッポコ豊田 at 12:05| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

久々のクーラー満タン

NEC_0216.jpg


奈多漁港にて。

昨夜、宇宙妖怪さんがささっとバッカン3分の1釣って帰ったあと、私もあとから同じところに入らせてもらいました。
別の場所がさっぱりだったので……。
すると、ウソのように釣れるわ、釣れるわ。
頭折りしたアジ30匹を入れたバッカンをテトラでひっくり返し、必死に回収するも9匹しか確保できない悲劇もありましたが、そこから挽回してクーラー満タンです。
1匹は30cmを超えました。
昨年も奈多でクーラー満タン釣りましたが、そのときのクーラーは20リットル。今回は28リットルです♪

宇宙妖怪さんの値千金の最新情報に大感謝です。
posted by ヘッポコ豊田 at 12:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

秘密のキノコ園(2010秋)

昨年から釣友の二ヒロ半次郎さんから譲ってもらった原木を近所の山に置き、秘密栽培をしております。

昨日、息子と2人で見に行ってみると……

ありました!!

ニョキニョキとデカバンシイタケがたくさん出てきていましたよ!


DSCF7269.jpg

1本の木にこんなに。


DSCF7271.jpg

感動の収穫♪


DSCF7273.jpg

これは直径も厚みも手の平級。


DSCF7276.jpg

晩ご飯は秘密栽培シイタケと相島産アジゴのつみれ鍋。
上にかかっている緑は採ってきたノビル(ベランダでさらに育てたもの)。

自給率の高いメニューでした♪
posted by ヘッポコ豊田 at 08:34| Comment(0) | 自家栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刺身アジを求めて

NEC_0197.jpg

先週末は法事(主催側)があって時間がなかったのですが、それでもしっかりファミリーフィッシングには行ってきましたよ。

釣場は玄界灘に浮かぶ相島。

計画では、刺身サイズのアジをささっと釣って帰ってくるつもりだったのですが、まったく気配なし。
仕方なく、アジゴを200匹くらい釣ってきました。


現地で捌いているとき、事件発生。

活かし水汲みに入れた捌いたアジから水を切っていると、チャックが壊れて59匹が海へまっ逆さま。

カワハギを掬おうとしていた友達からタモを奪い取り、電光石火で30匹ほどの回収に成功するも、残りはすべて海の藻屑と消えていきました。

くぅぅ〜〜、せっかく捌いたのに……。


昔から持っていた、他メーカーの活かし水汲みを使った天罰か!?


DSCF7255.jpg

DSCF7262.jpg

晩ご飯は友達一家とアジの手巻き寿司宴会でした。
家族分でも大変なところを、2家族分の刺身づくりだから、倍の手間がかかりましたね。

きつかった……けどやっぱり旨かった〜。
posted by ヘッポコ豊田 at 08:25| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

生還

NEC_0195.jpg


「明日はついに長さんの運転初体験ですね。お大事に♪」という内容のメールが工場スタッフから届いたのは昨日のこと。

実は今日、数々の恐怖運転伝説を築き上げているその人、開発担当の長と佐賀へ行ってきたのであります。


乗ってしばらくは特に怖いことないなあと思ったのですが、徐々に話に熱が入ってきて……。

あの〜、長さん、ハンドル握りながら、こっち向いて話してますよね。

ろくすっぽ前を見てないですよね。

運転中に、しょっちゅう目が合うのって、ものすご〜〜〜く不自然ですよね……。


そのうえ、急加速、急減速のすごいこと、すごいこと。

押し寄せる波のように、強弱を見事に使い分けた素晴らしいリズムです。


そんなこんなで、帰りは「ステップワゴンの運転感覚をぜひともこの手で確かめてみたい」と言って運転させてもらいました(笑)


かくて、どうにか無事会社へ辿りつきました♪
posted by ヘッポコ豊田 at 19:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

ちょいと刺身を調達に

3日の祝日は朝からいろいろと忙しく、時間ができたのは17時頃。

かなり遅い出発ではありますが、釣場のリサーチを兼ねて糸島へ出掛けました。

向かった先は、ずっと気になっていた西ノ浦漁港。

以前、漁協のあたりから良型アジがフカセでフィーバーした実績があると聞いていたのですが、行ってみると、漁師の方々が慌しく作業をされていて、とても釣りなんてできない雰囲気。

聞いてみると、「今からどんどん船が帰ってくるし、トラックも入ってくるけん、ここにおったら帰れんごとなるバイ」

慌てて近くの港内に四角く突き出した場所へ移動。

しかし、準備ができたところで船が2ハイ両側へピタリと着いて、釣りができる場所はなくなりました。

おっと、ここもNGポイントだった……失礼!!


というわけで、時間もないことだし西ノ浦リサーチは諦めて、いつもの唐泊へ。

駐車場から30分ほど竿を出してささっと晩の刺身分を確保し、帰宅しました。


DSCF7185.jpg

先日、宮ノ浦で釣ったオナガの刺身も美味かったけど、やっぱりアジゴ様には敵わないな〜。

ノビルの葉をどっさりかけて食べると、香りが増して絶品でした。


アジゴもノビルも自力調達ってことで、また自給率ちょいとアップ♪
posted by ヘッポコ豊田 at 12:40| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

あっちゃった、トトロにあっちゃった

NEC_0178.jpg

今朝、娘と二人で駐車場の車へ向かっていると、ふいに足が止まりました。

「おった! おったよ〜!」

目線の先には、隣の敷地の森があります。

そのとき、スズメが数匹飛び立ちました。

「ああ、スズメね」

私が言うと、娘は、

「ちやう!(違う) ちやう!(違う) とりさんちやう!(鳥さん違う)」

私「じゃあ、なにがおったと?」

娘「トトロおったよ。ぐるんぐるんまわりよった」


私にはなにも見えませんでしたが、なんと娘にはトトロが見えたそうです。
車の中で、大興奮しながらそのときの様子を何度も語ってくれましたよ。


NEC_0179.jpg

帰ってきたときも、森を見て娘の足が止まりました。
やっぱりトトロが見えたんだそうです。

一体、娘の目にはどんな景色が写っているんでしょうか。


トトロ.gif

こんな感じかな?(笑)


NEC_0181.jpg

そのあと、みんなでトトロの森からの恵みを拾って帰りました。


NEC_0183.jpg

椎の実。
これでつまみ代が少し浮きます♪


NEC_0187.jpg

帰ってトトロの話をしていたら、さっそく息子が想像の世界を絵に表していましたよ。
絵の中のトトロは、本物の椎の実を持っております♪
posted by ヘッポコ豊田 at 14:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

磯の快適枕

img.jpg


釣りは朝が早いから、前日は眠る時間がないのが当たり前。

釣っている最中は徹夜でもわりと平気なんですが、問題は帰りの運転。

睡眠不足と疲れがたたり、どっと睡魔が押し寄せるのです。

安全に帰るためには、少しでも寝ておくに限ります。

写真は平戸・宮ノ浦の磯で昼寝中の私。
嵯峨平野さんに激写されとりました……。

んで、注目してほしいのは私の頭の下。

これぞ磯の快適枕!

と声を大にして言いたいものなんですが、なんだか分かります?

正解は麦の袋。

社内サビキ研修のとき使わず余った麦をもらっていたのですが、思わぬところで活躍しました。

集魚材やパン粉の袋も枕にいいですが、感触の心地よさは麦の勝ちですね。
ほどよい硬さがGOODです。

今後、麦枕は私の釣りの必需品になりそうです♪
posted by ヘッポコ豊田 at 23:52| Comment(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪様のいたずら

昨日に続き、福岡フィッシングフェスティバルの話題です。

これは表彰式のワンシーン。


DSCF7172.JPG

暗いうちに釣ったチヌがどうにか3位に引っかかり、三年目の挑戦にして初入賞を果たすことができました。

で、その賞品は……バッカン屋がライブウェルを貰っちゃいました(笑)

そういや、今年のCAST杯での賞品はバッカンだったな……。


DSCF7173.jpg

表彰式のあとに抽選会もありました。

私に当たったのは、キ○クラのウキセットとショルダーバッグ(笑)

こ、これぞ神様のいたずらって感じですね。

もちろん、いずれもありがたく有効に使わせていただきますよ♪


豪華な抽選会は、今年も全員にもれなく賞品が行き届きました。


ノビさんは、

DSCF7177.jpg

キャンプ用のテーブルです。

私としては、自転車が当たったはいいが車に乗せられず、そのまま山口まで漕いで帰るハメになることに期待してたんですが、もう一歩

でしたね(笑)


嵯峨平野さんは、

DSCF7179.jpg

ツネさんの手作りマキエシャク、カップそば、お茶漬けや缶詰など食料どっさりセットでした。

一見地味ですが、よくよく見たら妙に羨ましくなってくる内容ですよ。


そして、最後のオチは「頭頂部ヘリポート」の異名を持つ宇宙妖怪さん。

これについては多くを語りません。
「髪様のいたずら」とだけコメントさせていただきます。

とにかく彼の元に舞い降りた素敵な賞品写真をご覧くださいませ。

DSCF7175.jpg
posted by ヘッポコ豊田 at 13:06| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ホースヘッドに水揚げされた男

昨日は強風ときおり雨の中、平戸島最南端の宮ノ浦まで行ってきました。

総勢88人が集まった福岡フィッシングフェスティバル(博多友グレ会主催)に、チームAURAER?からのびさん、嵯峨平野さん、宇宙妖怪さんとともに4人で参戦したのです。


DSCF7115.jpg

私たちが降りたのは志々岐の3のハエ。
風裏ですが、回りこんできた風が正面から吹きつけてきて、マキエの遠投が難しい状況でした。

簡単に釣況を報告すると、夜グロは不発。
私がチヌを釣っただけで朝になりました。

日中も魚の活性は全体に低く、不思議とエサ取りがほとんどいない状況でした。

クロはよく釣れるのですが、型が出ません。
不思議なことに、私はオナガばかり、隣の平野さんはクチブトメインでした。


DSCF7163.jpg

太っ腹なのびさんはタイドプールにキープしていて、全部トンビにプレゼントしていました。
(納竿後にクーラーの氷を全部捨てている姿が涙を誘いました……)



そんな中、すごい人がいました。

宇宙妖怪さん……貴方はクロをかわすのうますぎです。

DSCF7130.jpg

エサ取りが少ない中、いうなればコッパがエサ取りの主役だったんですが、そのコッパすらまったく鈎に掛けず、見事にかわす離れ業を見せてくれたのです。

で、長時間の釣りを通して、生体反応を捉えたのは3回だけ。
アブッテカモ(スズメダイ)、フグ、ベラがその内訳だそうです。

いやほんと、これは常人にはとても真似できるものではないですよ。
フカセの大会で、メインの対象魚をかわすわけですから(爆)


さて場面は変わり、迎えの船が回収に来たときのこと。

潮位の関係で磯に対してホースヘッドの位置が高く、タイヤに飛びついて引き上げてもらわないといけませんでした。

まずのびさん、私、嵯峨平野さんと飛び乗り、最後に残るは宇宙妖怪さん。

友グレ会の人にがっしりと手を握ってもらうまではよかったのですが、そのとき変な力が入ったのか、妖怪さんの股関節がおかしくなりました。

足で踏ん張れず、軟体動物と化した妖怪さん……。

完全に脱力した人間(妖怪?)を引き上げるのは、いかに力持ちでも大変です。
妖怪さんが中途半端にホースヘッドからぶら下がった状態になったとき、元G杯チャンプのYさんがヘルプに入ります。
妖怪さんのライジャケをつかみ、ずるずると引きずり上げます。

※心の声……マグロかよ!(爆)

そして、最後にYさんが妖怪さんの体をなぜかくるんと裏返しにしたので、ホースヘッドの上で天を向く格好で水揚げされたのでした。

ホースヘッドに立つ数人の釣人の足元に、なす術なく伸びる妖怪さん。

激動の釣り人生の中でこれまで数々の回収シーンを目にしてきましたが、ホースヘッドにお行儀よく仰向けにオネンネした人を見たのはこれが初めてです。
posted by ヘッポコ豊田 at 13:07| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。