2011年01月26日

VoltAgeカップインソール

2011年1月末より、VoltAgeカップインソール発売を開始します。


クッションソール01.jpg

■VoltAgeクッションソール

850円(本体価格)


メッシュソール01.jpg

■VoltAgeメッシュソール

650円(本体価格)

いずれもサイズは下記の2通りです。
・M〜L(25〜26.5cm)
・2L〜3L(27〜28cm)
※靴に合わせて簡単にハサミで切って使えます


インソール裏.jpg

これが裏面。
いずれも通気性をよくする穴をたくさん設けています。
メッシュソールに関しては、裏面を見ても土踏まずからかかとまでの形に合わせてデザインされた立体形状が分かっていただけるかと思います。


インソール厚み.jpg

横から見たところ。
クッションソールはご覧の通りの極厚クッションにより、衝撃の吸収性が非常に優れています。
軽量、高反発素材を使うことによって、足の疲れを軽減させます。
メッシュソールは靴内に空気の流れができるよう立体成型されており、足の汗を発散させ、快適な環境を保ちます。

どちらのタイプも、外して簡単に丸洗いができます。
洗ったあとは軽く拭いて置いておくだけですぐ乾きます。

このVoltAgeカップインソール、釣人にとって重宝するアイテムとなることを確信しております。


・・・・・・・・・・

さて、靴の履き心地は、インソールで決まると言っても過言ではありません。

当たり前のことですが、どんなに高級な靴でもインソールがベニア板やダンボールだったら履き心地は決していいとは言えないはず。
体重が乗ってくる足の裏と長時間接して支える場所だけに、その部分の素材や形状は非常に重要になってきます。

逆に、インソールさえよければ、履き心地の悪い安物の靴でも驚くほど足にフィットしたり、通気性が上がって快適さが増したりといったマジックが起きる可能性はあります。

実は、私はホームセンターで980円で買った長靴を持っています。
上部も底もすべてゴムの一層構造。

履き心地は、一言でいえば最悪です。(笑)


そんな長靴に、VoltAgeクッションソールを入れて履いてみました。
するとあら不思議、これまでの最悪の感触がうそのように快適になりましたよ。
とても同じ靴とは思えない激変ぶりです。

雪の中でも、さほど寒さを感じませんでした。
素敵なほどの一層構造だけに、インソールなしでは指先がかじかんで痺れてくるのは時間の問題だったんですが。


DSCF7994.jpg

この長靴です。(笑)


もちろん、磯靴(VoltAge M-3)に入れても快適さが感動的にアップしました。
疲労軽減を重視するならクッションソール、通気性を重視するならメッシュソールで決まりです♪


インソールでこれだけ変わることが分かってしまうと、持っている靴のインソールを全部替えたくなるのは人間の性。
総入れ替えを目論みつつ、今月末、大量にでき上がってくる日が待ち遠しいです。

ちなみに、今は一つしか持っていないので、靴を替えるたびにインソールを引っ張り出し、無精者にしては驚くほどマメに入れ替えて履いております。(笑)
posted by ヘッポコ豊田 at 14:12| Comment(0) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

【2011AURA新製品案内D】AURA最高峰「neo」シリーズ

昨日から2011年モデルの先行販売商品を紹介しておりますが、ようやく真打ちの登場です。

AURAの技術の最高峰「neo」シリーズ。

それでは特徴を説明します。

DM001.jpg

●チタンコートリング

まず一番の特徴は、上下に大きく目立つチタンコートリング。
これほど大きなリングがついたウキは、皆さん目にされたことはないのではないでしょうか。

AURA neoシリーズには3種類のウキがありますが、リングはそれぞれのウキの形状に合わせて専用のものが3セットあります。
幅が広いリングは間を通るラインが屈折しにくく、スムーズな糸落ちを助けます。

また、特殊メタルリングにチタンコーティングを施すことにより、表面硬度、耐久性の向上、摩擦抵抗(フリクションロス)の低減化を実現しました。

リングがトップに占める割合が大きいため、視認性を心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、実釣テストの結果、まったく問題ないことを確認しております。


●1.8mmパイプ

糸落ち抜群のリングに合わせて、パイプ径は1.8mmを採用しました。

全誘導での当たりの出やすさ、糸落ちのよさのバランスを追究した結果、最終的にAURAが辿り着いた答えがこの1.8mmのパイプ径です。


●精密浮力設定

AURA neoシリーズのウキは3種とも、0、G7、G5、G3の4規格。
通常ならどれも0号の範囲に入る浮力ですが、正確さをより追究して細分化いたしました。

浮力はガン玉表示のほかに、初めて負荷重量のグラム表示も併記しています。

0号は仕掛けの重さ0.15gと残浮力0.03gの合計の0.18g。

要は、0号は0.18g分の重さがかかってシブシブになるということです。


●高重心設計

AURA neoシリーズは重心が中心に近い位置にあるのも大きな特徴の一つです。
ウキが傾いたときに低重心のウキのように復元力が強くないため、仕掛けに対して自然な角度を保ちやすくなります。
また、仕掛けが落ちている最中の当たりにも素早く敏感に反応します。


●超高感度

高重心設計に加え、小粒のボディが抜群の感度のよさを実現させました。
全誘導でも、半誘導でも、固定でも、もしかしたらこれまで見落としていたたくさんのサインを、neoシリーズが伝えてくれるかもしれません。


AURA_neo_win.jpg

AURA neo WIN

[規格(自重/負荷重量)]
0…7.08g/0.18g
G7…7.00g/0.27g
G5…6.93g/0.35g
G3…6.85g/0.43g

[外径×全長]
20×34(mm)

[トップカラー]
オレンジ、イエロー

[特徴]
チタンコートリング、上下専用リング、穴径1.8mm、ABS樹脂切削ボディ、強化塗装

[本体価格]
¥2,000


AURA_neo_free.jpg

AURA neo FREE

[規格(自重/負荷重量)]
0…6.01g/0.18g
G7…5.93g/0.27g
G5…5.86g/0.35g
G3…5.78g/0.43g

[外径×全長]
20×32(mm)

[トップカラー]
オレンジ、イエロー

[特徴]
チタンコートリング、上下専用リング、穴径1.8mm、ABS樹脂切削ボディ、強化塗装

[本体価格]
¥2,000


AURA_neo_deep.jpg

AURA neo DEEP

[規格(自重/負荷重量)]
0…8.37g/0.18g
G7…8.29g/0.27g
G5…8.22g/0.35g
G3…8.14g/0.43g

[外径×全長]
23×29(mm)

[トップカラー]
オレンジ、イエロー

[特徴]
チタンコートリング、上下専用リング、穴径1.8mm、ABS樹脂切削ボディ、強化塗装

[本体価格]
¥2,000


※10月末発売予定です。
posted by ヘッポコ豊田 at 10:56| Comment(3) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

【2011AURA新製品案内C】コアが光るカン付きウキ

AURA_CemiCore.jpg

AURAケミ・フォースのカン付版が、AURAケミ・コアです。

AURAケミ・フォース同様、ウキに挿したケミホタルの光がクリアボディからも透けて広がります。

挿せるケミホタルの数は、AURAケミ・フォースが4本だったのに対して、カン付タイプは中心に1本です。

ケミホタル25が挿せるケミ・コア25、ケミホタル37が挿せるケミ・コア37の2種があります。

トップはそれぞれイエローとオレンジに塗装しているから、昼間でも使えます。


AURA_CemiCore25.jpg

AURAケミ・コア25

[規格]
0…8.2g
B…7.4g
3B…7.0g
5B…5.9g

[外径×全長]
23×29(mm)

[トップカラー]
イエロー

[特徴]
樹脂成型、ケミ25対応

[本体価格]
¥1,200


AURA_CemiCore37.jpg

AURAケミ・コア37

[規格]
0…11.3g
B…10.6g
3B…10.2g
5B…9.1g
1号…7.4g

[外径×全長]
25×37(mm)

[トップカラー]
オレンジ

[特徴]
樹脂成型、ケミ37対応

[本体価格]
¥1,200

10月末発売予定です!
posted by ヘッポコ豊田 at 15:47| Comment(0) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2011AURA新製品案内B】持ち運び簡単な水汲みバケツ

AURA_SWbaketsu.jpg

AURA SWバケツは、エギングやメバリング、ショアジギなどソルトウォーターゲームに最適な水汲みバケツです。


AURA_SWbaketsu_2.jpg

ケースに収納できるため、移動時に服が濡れる煩わしさがありません。
フック式になっており、ベルトやライフジャケットなどにセットして移動することができます。

直径は14cm、高さは15cm。

大きければ持ち運びが不便だし、小さければ満足な量の水が汲めません。
このSWバケツは大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズです。

本体価格は700円。

カラーはホワイトとブラックの二種です。
posted by ヘッポコ豊田 at 13:42| Comment(0) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2011AURA新製品案内A】潮をつかむ大きなガン玉!?

AURA_G_NAVI.jpg

ガン玉に潮受機能がついていたらいいなと思ったことはないですか?

新製品のAURA G NAVI(ジーナビ)は、仕掛けの張りを演出するガン玉ナビです。

イメージとしては、大きなガン玉という感じ。

上部にリングがついているので、ストッパーやスイベルの上にフリーで使ってもいいし、下からつまようじで固定することもできます。

ガン玉は消耗が激しいですが、これだと繰り返し使えます。
仕掛けごとロストしない限り長持ちしますね。

規格は、G6、G5、G4、G3、G2の5つ。

すべて直径は11mm、本体価格は2個入りで600円です。

今月中には発売開始の予定です。

これまでの常識を覆す、大きくて潮をつかむガン玉、いかがでしょうか。
posted by ヘッポコ豊田 at 13:13| Comment(0) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2011AURA新製品案内@】小粒三兄弟のネーミング決定!

これまで小粒三兄弟の仮称でお伝えしていた新製品三種のネーミングが決まりました。

エクストリームグレードの略のXGシリーズです。

エクストリームとは、「過激な要素を持った」「離れ業を売りとした」などの意味があります。
普通では拾えない当たりも、離れ業のように察知するウキと考えていただければと思います。


AURA_XG1.jpg

AURA_XG1Y.jpg

AURA XGT

[規格]
00…6.9g
0…6.7g
G3…6.5g
B…6.2g

[外径×全長]
21×32(mm)

[カラー]
オレンジ、イエロー

[特徴]
穴径2mm、上下リング、桐材使用、偏光塗装、艶消しトップ

[本体価格]
¥1,000


AURA_XG2.jpg

AURA_XG2G.jpg

AURA XGU

[規格]
00…8.4g
0…8.2g
G3…8.0g
B…7.6g

[外径×全長]
24×27(mm)

[カラー]
オレンジ、グリーン

[特徴]
穴径3mm、上下リング、桐材使用、偏光塗装、艶消しトップ

[本体価格]
¥1,000


AURA_XG3.jpg

AURA_XG3P.jpg

AURA XGV

[規格]
00…7.3g
0…7.1g
G3…6.8g
B…6.5g

[外径×全長]
22×26(mm)

[カラー]
レッド、ピンク

[特徴]
穴径2mm、上下リング、桐材使用、偏光塗装、艶消しトップ

[本体価格]
¥1,000
posted by ヘッポコ豊田 at 11:10| Comment(0) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

年中使えるVoltAgeアクアシューズ

アクアオレンジ.jpg

アクアホワイト.jpg

突然ですが、この夏新発売の超多機能シューズを紹介しますね。

アクアシューズというネーミングから夏場のみの使用を想像しがちと思いますが、なんのなんの、年間を通していろんな場面で活用できる可能性を秘めた商品です。

このシューズの一番の特徴は、格子状の外布の内側にネオプレーンが貼られていること。
それによって、

・ビーチや山道などでは砂や土が入りにくい
・フィット感が増す
・冷たい水に入っても温かい
・気温が低いときも保温性があり温かい

といった嬉しいメリットがあります。


水抜き穴.jpg

また、下部に水抜き穴があり、海や川から上がったときはそこから水が抜け、より快適に動けます。
で、陸上での使用の場合は、これが空気穴となり、通気性がよくムレにくいのです。

アクアシューズ背面.jpg

背面はこんな感じ。



ソール全体.jpg

ソールについては、試作段階で渓流に何度か履いて行ってテストをしました。

アクアシューズ屈曲.jpg

最初は硬いゴム素材を使っていて滑りやすかったんですが、何度か改良をして柔らかい素材に変更し、グリップ力がアップしましたよ。

とはいえ、もちろん本格的な磯釣りに履いていくのはNGです。
磯釣りにはM-3かVoltAge磯靴をよろしくお願いします♪


デザインについては、見ての通り、タウンユースでもまったく問題ないですよね。
AURAスタッフも毎日のように履いていて、一緒に食事したときなどは、どれが誰の靴か分からなくなるくらいです(笑)


というわけで、年間を通してガンガン活躍しそうなアクアシューズ。

個人的には、夏場よりも、涼しくなるこれからの季節の使用がオススメです!!


【アクアシューズDATA】
■規格:M(25〜25.5)、L(26〜26.5)・2L(27〜27.5)
カラー:WHITE、ORANGE/GREEN
本体価格(税別): 5,000円
posted by ヘッポコ豊田 at 12:11| Comment(6) | AURA新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。