2010年11月11日

生還

NEC_0195.jpg


「明日はついに長さんの運転初体験ですね。お大事に♪」という内容のメールが工場スタッフから届いたのは昨日のこと。

実は今日、数々の恐怖運転伝説を築き上げているその人、開発担当の長と佐賀へ行ってきたのであります。


乗ってしばらくは特に怖いことないなあと思ったのですが、徐々に話に熱が入ってきて……。

あの〜、長さん、ハンドル握りながら、こっち向いて話してますよね。

ろくすっぽ前を見てないですよね。

運転中に、しょっちゅう目が合うのって、ものすご〜〜〜く不自然ですよね……。


そのうえ、急加速、急減速のすごいこと、すごいこと。

押し寄せる波のように、強弱を見事に使い分けた素晴らしいリズムです。


そんなこんなで、帰りは「ステップワゴンの運転感覚をぜひともこの手で確かめてみたい」と言って運転させてもらいました(笑)


かくて、どうにか無事会社へ辿りつきました♪
posted by ヘッポコ豊田 at 19:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

ちょいと刺身を調達に

3日の祝日は朝からいろいろと忙しく、時間ができたのは17時頃。

かなり遅い出発ではありますが、釣場のリサーチを兼ねて糸島へ出掛けました。

向かった先は、ずっと気になっていた西ノ浦漁港。

以前、漁協のあたりから良型アジがフカセでフィーバーした実績があると聞いていたのですが、行ってみると、漁師の方々が慌しく作業をされていて、とても釣りなんてできない雰囲気。

聞いてみると、「今からどんどん船が帰ってくるし、トラックも入ってくるけん、ここにおったら帰れんごとなるバイ」

慌てて近くの港内に四角く突き出した場所へ移動。

しかし、準備ができたところで船が2ハイ両側へピタリと着いて、釣りができる場所はなくなりました。

おっと、ここもNGポイントだった……失礼!!


というわけで、時間もないことだし西ノ浦リサーチは諦めて、いつもの唐泊へ。

駐車場から30分ほど竿を出してささっと晩の刺身分を確保し、帰宅しました。


DSCF7185.jpg

先日、宮ノ浦で釣ったオナガの刺身も美味かったけど、やっぱりアジゴ様には敵わないな〜。

ノビルの葉をどっさりかけて食べると、香りが増して絶品でした。


アジゴもノビルも自力調達ってことで、また自給率ちょいとアップ♪
posted by ヘッポコ豊田 at 12:40| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

あっちゃった、トトロにあっちゃった

NEC_0178.jpg

今朝、娘と二人で駐車場の車へ向かっていると、ふいに足が止まりました。

「おった! おったよ〜!」

目線の先には、隣の敷地の森があります。

そのとき、スズメが数匹飛び立ちました。

「ああ、スズメね」

私が言うと、娘は、

「ちやう!(違う) ちやう!(違う) とりさんちやう!(鳥さん違う)」

私「じゃあ、なにがおったと?」

娘「トトロおったよ。ぐるんぐるんまわりよった」


私にはなにも見えませんでしたが、なんと娘にはトトロが見えたそうです。
車の中で、大興奮しながらそのときの様子を何度も語ってくれましたよ。


NEC_0179.jpg

帰ってきたときも、森を見て娘の足が止まりました。
やっぱりトトロが見えたんだそうです。

一体、娘の目にはどんな景色が写っているんでしょうか。


トトロ.gif

こんな感じかな?(笑)


NEC_0181.jpg

そのあと、みんなでトトロの森からの恵みを拾って帰りました。


NEC_0183.jpg

椎の実。
これでつまみ代が少し浮きます♪


NEC_0187.jpg

帰ってトトロの話をしていたら、さっそく息子が想像の世界を絵に表していましたよ。
絵の中のトトロは、本物の椎の実を持っております♪
posted by ヘッポコ豊田 at 14:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

磯の快適枕

img.jpg


釣りは朝が早いから、前日は眠る時間がないのが当たり前。

釣っている最中は徹夜でもわりと平気なんですが、問題は帰りの運転。

睡眠不足と疲れがたたり、どっと睡魔が押し寄せるのです。

安全に帰るためには、少しでも寝ておくに限ります。

写真は平戸・宮ノ浦の磯で昼寝中の私。
嵯峨平野さんに激写されとりました……。

んで、注目してほしいのは私の頭の下。

これぞ磯の快適枕!

と声を大にして言いたいものなんですが、なんだか分かります?

正解は麦の袋。

社内サビキ研修のとき使わず余った麦をもらっていたのですが、思わぬところで活躍しました。

集魚材やパン粉の袋も枕にいいですが、感触の心地よさは麦の勝ちですね。
ほどよい硬さがGOODです。

今後、麦枕は私の釣りの必需品になりそうです♪
posted by ヘッポコ豊田 at 23:52| Comment(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪様のいたずら

昨日に続き、福岡フィッシングフェスティバルの話題です。

これは表彰式のワンシーン。


DSCF7172.JPG

暗いうちに釣ったチヌがどうにか3位に引っかかり、三年目の挑戦にして初入賞を果たすことができました。

で、その賞品は……バッカン屋がライブウェルを貰っちゃいました(笑)

そういや、今年のCAST杯での賞品はバッカンだったな……。


DSCF7173.jpg

表彰式のあとに抽選会もありました。

私に当たったのは、キ○クラのウキセットとショルダーバッグ(笑)

こ、これぞ神様のいたずらって感じですね。

もちろん、いずれもありがたく有効に使わせていただきますよ♪


豪華な抽選会は、今年も全員にもれなく賞品が行き届きました。


ノビさんは、

DSCF7177.jpg

キャンプ用のテーブルです。

私としては、自転車が当たったはいいが車に乗せられず、そのまま山口まで漕いで帰るハメになることに期待してたんですが、もう一歩

でしたね(笑)


嵯峨平野さんは、

DSCF7179.jpg

ツネさんの手作りマキエシャク、カップそば、お茶漬けや缶詰など食料どっさりセットでした。

一見地味ですが、よくよく見たら妙に羨ましくなってくる内容ですよ。


そして、最後のオチは「頭頂部ヘリポート」の異名を持つ宇宙妖怪さん。

これについては多くを語りません。
「髪様のいたずら」とだけコメントさせていただきます。

とにかく彼の元に舞い降りた素敵な賞品写真をご覧くださいませ。

DSCF7175.jpg
posted by ヘッポコ豊田 at 13:06| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ホースヘッドに水揚げされた男

昨日は強風ときおり雨の中、平戸島最南端の宮ノ浦まで行ってきました。

総勢88人が集まった福岡フィッシングフェスティバル(博多友グレ会主催)に、チームAURAER?からのびさん、嵯峨平野さん、宇宙妖怪さんとともに4人で参戦したのです。


DSCF7115.jpg

私たちが降りたのは志々岐の3のハエ。
風裏ですが、回りこんできた風が正面から吹きつけてきて、マキエの遠投が難しい状況でした。

簡単に釣況を報告すると、夜グロは不発。
私がチヌを釣っただけで朝になりました。

日中も魚の活性は全体に低く、不思議とエサ取りがほとんどいない状況でした。

クロはよく釣れるのですが、型が出ません。
不思議なことに、私はオナガばかり、隣の平野さんはクチブトメインでした。


DSCF7163.jpg

太っ腹なのびさんはタイドプールにキープしていて、全部トンビにプレゼントしていました。
(納竿後にクーラーの氷を全部捨てている姿が涙を誘いました……)



そんな中、すごい人がいました。

宇宙妖怪さん……貴方はクロをかわすのうますぎです。

DSCF7130.jpg

エサ取りが少ない中、いうなればコッパがエサ取りの主役だったんですが、そのコッパすらまったく鈎に掛けず、見事にかわす離れ業を見せてくれたのです。

で、長時間の釣りを通して、生体反応を捉えたのは3回だけ。
アブッテカモ(スズメダイ)、フグ、ベラがその内訳だそうです。

いやほんと、これは常人にはとても真似できるものではないですよ。
フカセの大会で、メインの対象魚をかわすわけですから(爆)


さて場面は変わり、迎えの船が回収に来たときのこと。

潮位の関係で磯に対してホースヘッドの位置が高く、タイヤに飛びついて引き上げてもらわないといけませんでした。

まずのびさん、私、嵯峨平野さんと飛び乗り、最後に残るは宇宙妖怪さん。

友グレ会の人にがっしりと手を握ってもらうまではよかったのですが、そのとき変な力が入ったのか、妖怪さんの股関節がおかしくなりました。

足で踏ん張れず、軟体動物と化した妖怪さん……。

完全に脱力した人間(妖怪?)を引き上げるのは、いかに力持ちでも大変です。
妖怪さんが中途半端にホースヘッドからぶら下がった状態になったとき、元G杯チャンプのYさんがヘルプに入ります。
妖怪さんのライジャケをつかみ、ずるずると引きずり上げます。

※心の声……マグロかよ!(爆)

そして、最後にYさんが妖怪さんの体をなぜかくるんと裏返しにしたので、ホースヘッドの上で天を向く格好で水揚げされたのでした。

ホースヘッドに立つ数人の釣人の足元に、なす術なく伸びる妖怪さん。

激動の釣り人生の中でこれまで数々の回収シーンを目にしてきましたが、ホースヘッドにお行儀よく仰向けにオネンネした人を見たのはこれが初めてです。
posted by ヘッポコ豊田 at 13:07| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

AURAサビキ釣り研修風景

忙しくてほとんど写真が撮れなかった今回のサビキ研修会ですが、みんなの写真を寄せ集めました。


全景.jpg

まずは管理棟からの風景。
手前の右向きに参加者が並んでおります。
一番手前の後ろ姿が、今回の企画の立役者であるAURAの池田社長です。


親子.jpg

開始早々から、アジゴが次々に掛かってきました。
釣るお嬢さん、魚を外すお母さん。
このご一家はお母さんが奮闘してくれたおかげで、かなり助かりましたね。
写真のさやちゃん、釣りのセンスはかなりのものでした。


鈴なり.jpg

4匹掛かったところを写しましたが、シャッターを切る食前に1匹落ちていました。
この日は5匹いっぺんなんてザラで、なんと6匹が鈴なりになったこともありましたよ。

いつもは糸島の漁港で1〜2匹ずつちまちま釣っている私ですが、食い気満々の脇田釣り桟橋のアジゴにカルチャーショックを受けました。
毎回5匹ずつ釣れば、20回でもう100匹。
短時間でお土産の山を築くには、超おすすめの釣場です。


101023_073932.jpg

右から左から、次から次に上がってくるアジゴを外すのに大急ぎのYスタッフ。
エサに関しては、パン粉と混ぜたアミをカゴにぎゅうぎゅうに詰めていたら、そのまま何度も繰り返しアジゴを釣ることができました。
アジゴの活性がすこぶる高い脇田ならではの方法ですが、実に楽チンな裏技です♪


101023_073746.jpg

私は元気いっぱいのしゅん君をメインに担当。


金魚網.jpg

小学2年生の彼、すぐ飽きるかと思いきや、休まず怒涛のペースで釣り続け、まったく疲れを知らない男でした。
おかげでこちらはてんてこ舞いです。


クーラー満タン.jpg

クーラーはご覧のように満タン御礼。
このあとも子供たちは釣り続け、すりきりいっぱいになったところで打ち止めとなりました。

今回は28リットルのクーラーを持参していましたが、もしもっと大きなクーラーだったら……。
子供たちの勢いは止まらず、1000匹なんて軽く超えていたでしょうね。
日頃から大量のアジゴを捌き慣れている私といえど、そのシーンを想像しただけでさすがにゾッとします。
posted by ヘッポコ豊田 at 20:21| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

AURAサビキ釣り研修in脇田海釣り桟橋

まず最初に断っておきますが、今回は子供たちのサポート役で体がもう3つくらいほしいほど忙しかったので、写真がほとんどありません。

とりあえず、携帯で撮った画像を。


アジゴ満タン.jpeg

どうですか、この量。

半端じゃないでしょ?(笑)

写真を撮ったあともちょいと追加して、すり切りいっぱい840匹でした。

強風の中、工場精鋭スタッフの子供たち5人が頑張りましたよ♪


釣り研修のあとは、現地で捌き方研修(笑)

当日、必殺捌き人としてみんなの期待を一身に背負ったスタッフの長が遅れて参加する予定だったのですが、子供さんのイベント出演が長引いたとかで結局現れず……。
(計画的犯行の疑いアリ???)

仕方なく、池田社長とアジゴの山へ挑みます。

すると、興味津々で見ていた女の子たち4人が、争うように率先して手伝い始めたから驚きました。
「魚の内臓触ったの初めて〜」などと、キャアキャア喜んでやってくれています。
(この様子も写真に撮りたかったけれど、アジゴの血にまみれた手では不可能でした……)

子供たちに加えてママ2人も手伝ってくれたおかげで、拍子抜けするほど短時間で捌き終えました。

釣りだけでなく、捌く作業も子供たちのいい経験になったはず。


帰ったあとは、自分たちが釣ったアジゴの唐揚げパーティーの開催です。
各家庭で、大いに盛り上がったことでしょう。

これで、未来の釣師5人の誕生間違いなしかな?


しかし、子供たちが本当に楽しそうに釣っている姿を見て、こっちまで心が充電されましたね。
世話役は大変でしたが、苦労が吹っ飛ぶ笑顔がたくさんありました♪

帰ってから、「また行きたい」としきりに言っている子、さっそくアジゴ釣りの絵日記を描いた子がいたとか。
こういうイベントは、どんどんやっていきたいものです。

そのうち筋のいい子をスカウトして、私の干物作りの後継者に育てましょうかね(笑)
posted by ヘッポコ豊田 at 15:06| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

絶品ノビル料理

NEC_0139.jpg


息子が1人で作った刻みノビル葉入り卵焼きです。

特製ケチャップソースは、なにか三種類を混ぜているそうです。

これが、感動的にふわふわに出来上がっていて、もうたまりませんでした。

ノビルの強い香りと、息子特製ソースが絶妙のハーモニーを奏でておりました。

今後、我が家のもてなし料理の代表選手になりそうです。
posted by ヘッポコ豊田 at 23:37| Comment(1) | 雑草採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイルしたノビルは

NEC_0141.jpg


今日はにんじんドレッシングで食べました。

これが、酢味噌より美味しく感じましたよ♪
posted by ヘッポコ豊田 at 23:26| Comment(0) | 雑草採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。